ご訪問頂いた皆様へ

モノづくり改革を追究

  テクノ経営総合研究所は1980年9月に創業しました。製造業に特化し、モノづくり現場に密着した「実践コンサルティング」を展開。製造業を専門とするコンサルティングファームとしての矜持を持って事業展開を計ってきました。

  「企業は人なり」といいますが、当社が提唱するVPM(Value Producing Management)は“人”の動きに着目した経営革新の思想です。

  近年、IoT(Internet of things)や人工知能など、テクノロジー集積による第4次産業革命とも称される新しい潮流が生まれてきました。そして、こうした時代の変革期を迎え、モノづくり現場や製造業の在り方も大きく変化することが予測されています。しかし、どんな時代にも企業を動かすのは人財。当社は“人”を活かす活人化戦略が最も重要と考えています。これが当社の基本スタンスです。

コンサルタントという仕事

  世にコンサルタントという資格はありません。今日から誰でもなれる職業、それがコンサルタントです。しかし、一方でコンサルタントは実力がすべて、結果が問われる職業です。常にスキルアップをはかり、失敗を恐れず果敢に挑戦する精神がコンサルタントには求められます。

  コンサルティングは経営と向き合う仕事。その魅力は経営者と思いを共有できることです。探究心と未来を模索する積極的な姿勢があれば、これほどやりがいのある仕事はありません。

求めるのは夢を語れる人

VPM(Value Producing Management)

  当社のビジネスフィールドは世界、他では味わえないスケール感を持った会社です。やる気と熱意があれば、今までの経験や強みが活かせる職場環境が当社にはあります。

  スピードと成長を意識し、常に情熱を持ち続けることのできる人、個人と組織の力で新しいことにチャレンジできる方には最適な職場だと思います。

  当社では教育制度も完備、入社後の不安はありません。未来に向かって、あなたの経験を活かしてみませんか。新しい潮流を創り出すために、共に夢を語れる方を求めています。